多汗症やワキガは切らずに治療できる

皮膚を切る必要がない

多汗症やワキガで悩まれてはいませんか。もし、多汗症やワキガで悩まれているのなら、ミラドライで治療することをおすすめします。一般的に多汗症やワキガ治療は、エクリン汗腺を手術で削る必要があります。メスで皮膚を切らなければならないため、傷跡が残るデメリットがあります。また、完全にエクリン汗腺を削ることは難しく、再発する恐れがあります。それに対しミラドライは、皮膚を切る必要はありません。また、完全にエクリン汗腺を取り除けるため、効果が半永久的な特徴があります。

安全性の高いマイクロ波を照射

ミラドライは、マイクロ波を患部に照射しエクリン汗腺を破壊します。マイクロ波は心臓や腫瘍、泌尿器系の治療でも用いられており、非常に安全性が高いことが実証されています。誰でも安心して治療を受けられるのは、非常に嬉しいポイントです。また、治療にかかる時間はわずか1時間であるため、忙しい方も多汗症やワキガを治療できます。効果はすぐに現れるため、暑い夏が来るまでに多汗症もワキガも完全に治療することができます。

わずか1日のダウンタイム

ミラドライ治療後は、ダウンタイムがほとんど必要ありません。人によっては数日だけ赤みが出る場合もありますが、ほとんどの方は1日ほどで元の肌状態に戻ります。手術跡が全くないため、安心してノースリーブを着用できます。また、クリニックによっては無料でサポーターを貸し出しており、腫れがある場合には負担を軽減できるケアをしてくれるところもあります。ミラドライの施術ができるクリニックの多くが無料のカウンセリングを設けているため、まずは気軽に相談することをおすすめします。

ミラドライとは、多汗症やわきがなどの治療法のことです。これは、手術をせずに半永久的に効果が持続することが可能な美容整形になっています。

by